MT4にインストールできるインジケータの総数は?

ロシアの公式フォーラムを読んでいて、思わず見入った動画がこれ。

Смешное видео(面白いビデオ)と書いてあったので、MT4 の面白い使い方?かと思ったら、evian のCMでした。
MT4 とは無関係ですが、ノリが素的なので紹介しておきます。




さて、MetaTrader4 が他のチャートソフトと大きく異なる点の1つに、カスタムインジケータの豊富さがあると思います。
VT/CT系やDealBook でもカスタムインジケータを作れるんですけど、MT4 はフォーラムの規模が違う気がするんですよねぃ。


フリーでダウンロードできるMT4 のインジケータは、だいたい1000 前後あって、それを一度に indicators フォルダにコピーしても全てを同時にナビゲータウィンドウに表示させることは出来ません。
自分の投資スタイルに合致したインジケータを探す時は、100個ずつインストールして確認してゆくのが現実的だと思いますが、今日は、最大いくつまでインストールできるのか?を確認します。


適当にインジケータをコピーしてナビゲータウィンドウ上の表示数を数える…のは、かなり面倒なので、素直に001〜999までの連番の名前が付いたインジケータを使うことにします。


(1)連番名のインジケータの作成
適当なインジケータを 001.mq4 という名前で準備します。
以下のバッチファイルをmake1000.bat として保存し、001.mq4 と同じフォルダに置いて、ダブルクリックします。

for /l %%B in (2,1,999) do (
  if %%B lss 10 (
    COPY 001.mq4 00%%B.mq4
  ) else (
    if %%B lss 100 (
      COPY 001.mq4 0%%B.mq4
    ) else (
      COPY 001.mq4 %%B.mq4
    )
  )
)
pause

このバッチファイルは、001.mq4 の複製を002.mq4〜999.mq4 まで作ります。

出来上がるとこんな感じ。


(2)indicatorフォルダにコピーして起動
MT4 は、起動時に .ex4 ファイルの無い .mq4 ファイルに対して自動コンパイルを行う為、起動に4分ほど掛かります。
コンパイル中はメッセージも何も出ないので、静かに水でも飲みながら待ちます。
起動後のナビゲータウィンドウは

こんな感じ。


スクロールしてゆくと…

512個が限界でした。
script や EA に対しても同じ手法で数えたところ、やはり限界は512個でした。
513番目以降はコンパイル自体行われません。
512 ( =2の9乗 ) という数値を覚えておく必要は無いのですが、こういう手順で簡単に調べることが出来る…というのは知っておくと何かの役に立つかもしれません..。



(…すみません。何の役にも立たないと思います。<(_ _)> )